金に糸目をつけないの語源・由来

糸目とは、揚げた凧のバランスをとるため、表面につける数本の糸のこと。
糸目をつけていない凧は制御できないため、風に任せて飛んでいってしまう。
そんな糸目をつけていない凧にたとえ、制限なくお金を使うことを「金に糸目をつけない」というようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ハヤシライスの語源・由来

  2. サンドイッチの語源・由来

  3. 記入と記載と記述の違い・使い分け

  4. 梨園の意味・類語・言い換え

  5. 江戸前の意味・類語・言い換え

  6. 二期作と二毛作の違い

  7. ステマの意味・類語・言い換え

  8. 酸っぱいの語源・由来

  9. 猪肉の栄養基礎知識

  10. 千秋楽の語源・由来

  1. 千代田区の語源・由来

  2. アンチョビの意味・類語・言い換え

  3. 雛人形の語源・由来

  4. ゴールデンウィークの語源・由来

  5. 足を洗うの語源・由来

  6. パンプスの意味・類語・言い換え

  7. 虻蜂取らずの意味・類語・言い換え

  8. 体の語源・由来

  9. 太鼓判を押すの語源・由来

  10. コロナの語源・由来

人気記事

  1. 注意報と警報と特別警報の違い

  2. 圧力鍋で時短調理できる仕組み

  3. セメントとコンクリートとモルタルとアスファルトの違い・使い分け

  4. 夏季オリンピックと冬季オリンピックでは正式名称が違う

  5. 目から鱗が落ちる動物

  6. オペラとオペレッタとミュージカルの違い

  7. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

TOP