是非ともの語源・由来

「是」は「正しいこと」、「非」は「不正」の意味で、本来、「是非」は良いことと悪いことを表す名詞である。
「とも」は「共に」の意味で、是非ともを全て漢字にすると「是非共」と書く。
是非ともは「事情が良くても悪くても」「どうであろうとも」という意味から、「どうしても」「必ず」という意味の副詞になった。
それに合わせ、本来は名詞の「是非」が、副詞としても用いられるようになった。
「是が非でも」という表現も、「善が悪であっても」というところから、「何としてでも」の意味で使われている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 大垣市の意味・シンボル

  2. ハナショウブの意味・別名・類語

  3. いびきの意味・類語・別名

  4. パーソナルトレーナーの意味・類語・言い換え

  5. 滋賀県の意味・シンボル

  6. しつこいの意味・類語・言い換え

  7. かつらの意味・類語・言い換え

  8. 篝火花の意味・別名・類語

  9. おじゃんの意味・類語・言い換え

  10. 狸寝入りの語源・由来

  1. クリスマスの語源・由来

  2. 御曹司の語源・由来

  3. 食事の意味・類語・言い換え

  4. 仏の語源・由来

  5. ファビュラスの語源・由来

  6. 「十分」と「存分」の違い

  7. 冒険の意味・類語・言い換え

  8. 「知る」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 割愛の意味・類語・言い換え

  10. オリーブの栄養基礎知識

人気記事

  1. トンボの語源・由来

  2. ごまかすの語源・由来

  3. 大根の語源・由来

  4. サラダ菜の栄養基礎知識

  5. 和歌山県の語源・由来

  6. みどりごの語源・由来

  7. 腕白の語源・由来

TOP