生き馬の目を抜くの語源・由来

生き馬の目を抜くは、故事などから生じたことわざではなく、素早く物事をすることを「生きた馬の目ですら抜き取ってしまうほど早い」とたとえた表現である。
生き馬の目を抜くには、「他人を出し抜く」といった意味もあるが、「目を抜く」から「抜け目ない」が連想されたものか定かでない。

「馬の目」とたとえられた理由は、類句に「生き牛の目を抜く」があるため、人との関わりが深い動物だったことからと考えられる。
そして、牛よりも馬の方が足が速く、目を抜くことがより難しそうであることから、「生き牛」よりも「生き馬」が一般的に用いられるようになったのであろう。

その他、「生き馬の目を抜く」と同様の句には、「生き馬の目を抉る」や「生き牛の目を抉る」がある。
「抉る(くじる)」は、「えぐって中の物を取り出す」の意味。
「油断ならない」という意味においては、「尻毛を抜く」が類句として挙げられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ホトトギスの意味・別名・類語

  2. サバの語源・由来

  3. 梅の色月の意味・異名・類語

  4. 鏡割りの意味・類語・言い換え

  5. 相合傘の語源・由来

  6. 天下りの語源・由来

  7. ワイシャツの語源・由来

  8. こじつけの意味・類語・言い換え

  9. お家芸の語源・由来

  10. アマダイの意味・別名・類語

  1. 蝶の語源・由来

  2. 筈の意味・類語・言い換え

  3. うどんの意味・別名・類語

  4. モクセイの語源・由来

  5. こけにするの語源・由来

  6. 狼狽の意味・類語・言い換え

  7. お足の語源・由来

  8. Aprilの意味・異名・類語

  9. ユーカリの種類

  10. ボーナスの語源・由来

人気記事

  1. 一宮市の語源・由来

  2. かぼちゃの栄養基礎知識

  3. 梅の栄養基礎知識

  4. タレントの語源・由来

  5. メロンの栄養基礎知識

  6. ラバの語源・由来

  7. 「初め」と「始め」の違い

TOP