定家煮の語源・由来

定家煮は江戸時代に流行した料理で、鎌倉初期の歌人の藤原定家の名に由来するが、藤原定家が料理の考案者という訳ではない。
この料理に「定家」の名が付くのは、定家の「来ぬ人を待つほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身も焦がれつつ」という歌の歌意からか、藤原定家がいかにも好みそうだというところからといわれ、当時の人気がうかがえる料理名である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 社畜の意味・類語・言い換え

  2. ロブスターの語源・由来

  3. 東大阪市の語源・由来

  4. ポタージュの語源・由来

  5. 「慎む」と「謹む」の違い

  6. 祝詞の語源・由来

  7. すだれの意味・類語・言い換え

  8. エゴマの意味・別名・類語

  9. 怖いの語源・由来

  10. しわの語源・由来

  1. レトロの語源・由来

  2. すったもんだの語源・由来

  3. つくばいの語源・由来

  4. 横車を押すの語源・由来

  5. すべからくの語源・由来

  6. ねぶたの語源・由来

  7. 「拝啓」「謹啓」「前略」の違い

  8. ネギトロの意味・類語・言い換え

  9. メンターの語源・由来

  10. ウスターソースの種類

人気記事

  1. 「お菓子」と「駄菓子」の違い

  2. 川口市の語源・由来

  3. 割烹の語源・由来

  4. 青森県の語源・由来

  5. 八千代市の語源・由来

  6. アケビの栄養基礎知識

  7. ディルの語源・由来

TOP