定家煮の語源・由来

定家煮は江戸時代に流行した料理で、鎌倉初期の歌人の藤原定家の名に由来するが、藤原定家が料理の考案者という訳ではない。
この料理に「定家」の名が付くのは、定家の「来ぬ人を待つほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身も焦がれつつ」という歌の歌意からか、藤原定家がいかにも好みそうだというところからといわれ、当時の人気がうかがえる料理名である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 税金の語源・由来

  2. 色の語源・由来

  3. 三拍子揃うの語源・由来

  4. 有象無象の意味・類語・言い換え

  5. 素晴らしいの語源・由来

  6. あすの意味・類語・言い換え

  7. 出前の語源・由来

  8. 道化(道化師)の語源・由来

  9. 東京都中央区の意味・シンボル

  10. ユートピアの意味・類語・言い換え

  1. 「歌手」「声楽家」「シンガー」の違い

  2. 背水の陣の意味・類語・言い換え

  3. サックスの語源・由来

  4. シャーベットの意味・類語・言い換え

  5. 「かいわれ大根」と「大根」の違い

  6. 咄嗟の意味・類語・言い換え

  7. シャリの意味・別名・類語

  8. お年賀の意味・類語・言い換え

  9. 「山」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. ガチョウの語源・由来

人気記事

  1. あばらやの語源・由来

  2. 付和雷同の語源・由来

  3. 「検討」と「見当」の違い

  4. 「勧める」「奨める」「薦める」の違い

  5. 絣の語源・由来

  6. 乞食の語源・由来

  7. 鹿児島市の語源・由来

TOP