漁夫の利の語源・由来

漁夫の利は、中国の戦国時代の史書『戦国策(燕策)』の故事に由来する。
その故事は、以下のとおり。
趙の国が燕の国を攻撃しようとしている時、燕の蘇代が趙の恵文王に会い、次のような話をした。
「ハマグリが殻を開けて日向ぼっこをしていたところ、シギが飛んできてハマグリの肉を食べようとしたが、ハマグリは殻を閉じてシギのくちばしを挟んだ。両者が譲らない争いをしていたところに、たまたま通りかかった漁師が両者を難なく生け捕りにした」
そして、「いま趙と燕が争えば、このハマグリとシギのように秦が漁夫の利を得るだろう」と説いたことにより、趙は燕を攻めることを中止した。

出典:漁夫の利 – 語源由来辞典

『戦国策・燕』にある次の故事に由来する。
シギがハマグリの肉を食べようとしたが、ハマグリにくちばしを挟まれた。
シギが「今日も明日も雨が降らなければ水が切れ、死んだハマグリになってしまうだろう」と言ったら、ハマグリは「今日も明日もくちばしを出せずにいたら、飢えて死んだシギになってしまうだろう」と言って譲らなかった。
そこへ漁師が来て、シギもハマグリも捕らえてしまった。

出典:漁夫の利 – 故事ことわざ辞典

TOP