ヤクモソウの語源・由来

ヤクモソウは、主に漢方で薬草として呼ばれる時の名で、漢名の「益母草」を音読みしたものである。
メハジキは、花の時期に全草を採って乾燥させ、母体の止血や乳腫れなど産前産後の薬として古くから用いられていた。
そこから「母親の益となる草」の意味で、「益母草(ヤクモソウ)」と呼ばれるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スルメイカの語源・由来

  2. 葉月の語源・由来

  3. ツツジの種類

  4. イトヤナギの意味・別名・類語

  5. 納豆の栄養基礎知識

  6. 風呂敷の語源・由来

  7. 飯の語源・由来

  8. 七夕の語源・由来

  9. 「猫」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. ホラ吹きの語源・由来

  1. 橙の語源・由来

  2. 脚本の意味・類語・言い換え

  3. 料金の意味・類語・言い換え

  4. 磁器の意味・類語・言い換え

  5. にんじんの種類

  6. バズるの意味・類語・言い換え

  7. 滑稽の語源・由来

  8. 大阪市の語源・由来

  9. 売るの語源・由来

  10. 存分の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「金管楽器」と「木管楽器」の違い

  2. 三面記事の語源・由来

  3. 柿の語源・由来

  4. 「飲む」と「呑む」の違い

  5. おいちょかぶの語源・由来

  6. あばよの語源・由来

  7. 諏訪市の語源・由来

TOP