あかぎれの語源・由来

古く、あかぎれは「あかかり」もしくは「あかがり」と言った。
平安中期の辞書『和名抄』には「阿加々利」とあり、これが「あかかり」か「あかがり」かは不明であるが、平安末期の漢和辞書『類聚名義抄』は「アカガリ」で、1600年初頭の『日葡辞書』も「Acagari」と濁音である。
「あかがり」の「あ」は「足」の意味、「かがり(かかり)」は「ひびが切れる」という意味の動詞「かかる(皸る)」の連用形である。
「あかがり」が「あかぎれ」と変化したのは、区切りが「あ+かがり」から「あか+がり」と解され、「あか」が赤く腫れることから「赤」、「ぎれ」はひびが裂けることから「切れ」と連想されたものである。
江戸時代から「あかぎれ」の例が見られるようにり、次第に「あかぎれ」が優勢となって現在に至る。
あかぎれの漢字「皸」や「皹」は、「皮」+音符「軍」からなる会意兼形声文字で、「軍」には「まるくまとまる」という意味がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 金科玉条の語源・由来

  2. ポチ袋の語源・由来

  3. ビール腹の語源・由来

  4. 敬遠の語源・由来

  5. 「手段」と「方法」の違い

  6. トリビアの語源・由来

  7. 埼玉県の意味・シンボル

  8. はばかるの意味・類語・言い換え

  9. 赤磐市の語源・由来

  10. しらばくれるの意味・類語・言い換え

  1. 無駄の語源・由来

  2. ナデシコの語源・由来

  3. 立ち往生の意味・類語・言い換え

  4. マムシの語源・由来

  5. Tシャツの語源・由来

  6. 俺の意味・類語・言い換え

  7. 中野区の意味・シンボル

  8. バナーヌの意味・別名・類語

  9. ショートケーキの語源・由来

  10. 「利子」「利息」「金利」の違い

人気記事

  1. 「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

  2. 三枚目の語源・由来

  3. 「目的」と「目標」の違い

  4. でっち上げの語源・由来

  5. 岩国市の語源・由来

  6. 諦めるの語源・由来

  7. バジルの語源・由来

TOP