ホタルイカの語源・由来

ホタルイカは、体表にある多数の発光器が青緑色に発光し、昆虫のホタルのようであるところから付いた名前である。
特に美しく発光するのは、5月頃の産卵期で、群れをなして海岸近くを浮遊する。
ホタルイカは中部以北の日本海に生息し、特に富山湾が有名で、群遊海面は特別天然記念物となっている。

出典:語源由来辞典

TOP