シャリの語源・由来

すし屋などで米や白飯を「シャリ」と呼ぶのは、色や形が火葬したあとに残る粒状の骨「舎利」と似ていることからである。
しかし、サンスクリット語で「米」を意味する「sari」を語源とする説があり、色や形の説は間違いとされることもある。
中国の唐代から見られる例では、サンスクリット語で「米」を意味する「sari」が「遺骨」の「舎利(sarira)」と混同され、「米粒」を「舎利」と呼ぶようになっているが、「遺骨」と「骨」の形、発音が似ていることからの混同で、「sari」だけで生じたものではない。
日本では、空海の『秘蔵記』にある「天竺呼米粒為舎利。仏舎利亦似米粒。是故曰舎利。」が有名であるが、これも中国で遺骨の「舎利」と米粒の「シャリ」が結び付けられていたことに基づくもので、サンスクリット語の「米」が語源というわけではない。
また、日本で米粒を「シャリ」と呼ぶようになったのは、近世以降である。
中国で混同された語の影響自体も無く、日本は日本で、形や色から「仏舎利」にたとえられた別物と考えるのが妥当である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 四天王の語源・由来

  2. トリの語源・由来

  3. 互角の語源・由来

  4. 港と湊の違い・使い分け

  5. キリンの語源・由来

  6. けしかけるの語源・由来

  7. ひやむぎの語源・由来

  8. タブロイドの語源・由来

  9. 食料と食糧の違い・使い分け

  10. 先鞭をつけるの語源・由来

  1. インタビューの語源・由来

  2. ブルの意味・類語・言い換え

  3. 後ろめたいの語源・由来

  4. サルビアの種類

  5. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  6. 四月の魚の意味・類語・言い換え

  7. 自動車損害賠償責任保険の意味・類語・言い換え

  8. くす玉の語源・由来

  9. 焼くと炒めると炒るの違い

  10. 卯月の語源・由来

人気記事

  1. 最近と近頃とこの頃と昨今の違い・使い分け

  2. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  3. 荒いと粗いの違い・使い分け

  4. コンサートとライブとGIGの違い

  5. 七福神のプロフィール

  6. 努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け

  7. 夜更けと未明と夜中と真夜中と深夜と夜半の違い

TOP