ホトケノザの語源・由来

ホトケノザは、葉が地面に張り付いたように重なり合い、円座形になっている。
特に苗が小さな頃は、仏の台座に使われる開いたハスの花の形に似ているところから、「仏の座」と名付けられた。
なお、現在の標準和名は「タビラコ」で、「ホトケノザ」が標準和名となっているのは、シソ科オドリコソウ属のホトケノザである。
ただし、春の七草のひとつとしてあげる際は、キク科のホトケノザ(タビラコ)を指しており、シソ科のホトケノザは食用に適していない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 目安の語源・由来

  2. 暑いと熱いの違い・使い分け

  3. 書き入れ時の語源・由来

  4. 回答と解答の違い・使い分け

  5. 古いの語源・由来

  6. 一騎当千の語源・由来

  7. ご来光と初日の出の違い

  8. アザラシの語源・由来

  9. いなせの語源・由来

  10. 正鵠を射るの語源・由来

  1. 9月の意味・異名・類語

  2. 対象の意味・類語・言い換え

  3. フラミンゴの語源・由来

  4. 高松市の意味・シンボル

  5. おかずの意味・類語・言い換え

  6. 勘定の語源・由来

  7. 倉と蔵と庫の違い

  8. 唐突の語源・由来

  9. 寵児の語源・由来

  10. 豚の意味・別名・類語

人気記事

  1. プレゼントとギフトの違い

  2. 謝罪と陳謝と深謝の違い

  3. 生い立ちと育ちの違い・使い分け

  4. 羽と羽根の違い・使い分け

  5. 慎む(慎んで)と謹む(謹んで)の違い・使い分け

  6. 辞典と事典と字典の違い

  7. なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

TOP