ゴギョウの語源・由来

ハハコグサの別名「御形」の本来の読みは「オギョウ」で、ゴギョウは春の七草の一つとしてあげる際の俗称である。
「御形」の「御」は接頭語で、「形」は「人形(ひとがた)」を表す。
草餅がよもぎで作られる以前は、ゴギョウ(ハハコグサ)で作られ、その餅は「母子餅(ははこもち)」と呼ばれた。
3月3日の節句に母子の人形を飾り、母子餅が供えられたことから、ハハコグサは「御形」と呼ばれるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 白寿の意味・類語・言い換え

  2. 言葉の意味・類語・言い換え

  3. モツの種類

  4. 東久留米市の語源・由来

  5. 「言い訳」「申し訳」「弁解」「弁明」「釈明」の違い

  6. センマイの意味・別名・類語

  7. 「探す」と「捜す」の違い

  8. 蜃気楼の意味・別名・類語

  9. 福井県の市町名一覧

  10. やんごとないの意味・類語・言い換え

  1. 番茶の意味・類語・言い換え

  2. まずいの語源・由来

  3. 神奈川県の意味・シンボル

  4. 美馬市の語源・由来

  5. 水仙の語源・由来

  6. きゅうりの語源・由来

  7. マネキンの語源・由来

  8. カジカの語源・由来

  9. 神無月の意味・異名・類語

  10. いなり寿司の語源・由来

人気記事

  1. ウドの語源・由来

  2. 「屁」と「おなら」の違い

  3. よしずの語源・由来

  4. 「留意」「注意」「用心」の違い

  5. 四日市市の語源・由来

  6. ビーフの語源・由来

  7. 死んだ子の年を数えるの語源・由来

TOP