ゴギョウの語源・由来

ハハコグサの別名「御形」の本来の読みは「オギョウ」で、ゴギョウは春の七草の一つとしてあげる際の俗称である。
「御形」の「御」は接頭語で、「形」は「人形(ひとがた)」を表す。
草餅がよもぎで作られる以前は、ゴギョウ(ハハコグサ)で作られ、その餅は「母子餅(ははこもち)」と呼ばれた。
3月3日の節句に母子の人形を飾り、母子餅が供えられたことから、ハハコグサは「御形」と呼ばれるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 青田売りの語源・由来

  2. 足の語源・由来

  3. ルイボスの語源・由来

  4. 小首を傾げるの語源・由来

  5. 大喜利の語源・由来

  6. でっち上げの語源・由来

  7. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

  8. タランチュラの語源・由来

  9. 肌の語源・由来

  10. 福岡県の市区町村名一覧

  1. ユッケの語源・由来

  2. 戸田市の語源・由来

  3. ひらがなの語源・由来

  4. 茹でると湯がくと湯通しの違い

  5. 仙台市の意味・別名・シンボル

  6. 成人の日の意味・類語・言い換え

  7. 保証と保障と補償の違い・使い分け

  8. 新しいの語源・由来

  9. 大喜利の意味・類語・言い換え

  10. 中野区の語源・由来

人気記事

  1. 生誕と誕生の違い・使い分け

  2. 香りと薫りと馨りの違い・使い分け

  3. 星が瞬く理由と瞬かない星

  4. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

  5. 戸籍謄本と戸籍抄本の違い

  6. 耐震と免震と制震と制振の違い

  7. 児童と生徒と学生の違い

TOP