アロマテラピーの語源・由来

アロマテラピーは、フランス語「aromathérapie」からの外来語。
英語「aromatherapy」の発音では、「アロマセラピー」と言う。
「aromathérapie(アロマテラピー)」は、フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによる造語で、「アロマ」が「芳香」、「テラピー」が「療法」を意味する。
1920年代、ガットフォセが研究中の爆発でやけどを負い、やけどした箇所にラベンダーの精油を浸したところ痛みが軽減し、やけどの跡も残らなかった。
その経験から、ガットフォセ博士は精油の研究に力を注ぎ、1928年に学会で発表。
1937年に出版した『アロマテラピー』というタイトルの本が、1977年に英訳されたことでイギリスで流行し、世界中に広まっていった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. リゾットの語源・由来

  2. アタッシュケースの語源・由来

  3. キョウチクトウの語源・由来

  4. 大山の意味・類語・言い換え

  5. ゼラチンの意味・別名・類語

  6. 金平糖の語源・由来

  7. リヤカーの意味・類語・言い換え

  8. 牙城の語源・由来

  9. 香菜の意味・別名・類語

  10. 分限者の意味・類語・言い換え

  1. 橙の語源・由来

  2. サクラ(おとり)の意味・類語・言い換え

  3. 鹿の角を蜂が刺すの意味・類語・言い換え

  4. あなごの栄養基礎知識

  5. 武蔵野市の意味・シンボル

  6. アルペンスキーの語源・由来

  7. 「バレンシアオレンジ」と「ネーブルオレンジ」の違い

  8. 賞与の意味・類語・言い換え

  9. クリスマスツリーの意味・別名・類語

  10. 次郎柿の語源・由来

人気記事

  1. 「伯父」「叔父」「小父」の違い

  2. ビーフの語源・由来

  3. ガリの語源・由来

  4. キツツキの語源・由来

  5. 垢の語源・由来

  6. 鬱陶しいの語源・由来

  7. 徳島市の語源・由来

TOP