鱗の語源・由来

鱗を平安時代には「いろこ」と言い、「いろくず(いろくづ)」と併用されていた。
「いろくず」は、魚や竜など鱗のあるの動物を指すようになったが、元は「いろくず」が鱗の正式な表現として用いられ、「いろこ」は俗的な表現であった。
普通、俗な表現は新しい言葉である。
使用例も「いろくず」が古い時期に多く、「いろこ」が新しい時期に多く見られるため、「いろくづ」から「いろこ」、そして「うろこ」に変化したと思われる。
この音変化は、「いを(魚)」から「うを」、「いごく(動く)」から「うごく」と変化したのと同じである。
「いろくず」や「いろこ」の「いろ」は、ざらざらした細かいものの意味で、「くず」は「屑(くず)」、「こ」は「小」の意味と考えられる。

「いろ」には、「い」が「魚」の意味で、「ろ」を接辞とする説もある。
しかし、草木のトゲを意味する「イラ」は魚の背びれにあるトゲも意味し、鱗と形状の似た「いらか(甍)」も、この「イラ」に由来するとも考えられている。
このことから、「イロ」や「イラ」が平らなところから少し飛び出ていたり、ざらざらしたものを表現したと考えられるので、「いろ」を「魚」の意味に限定せず、形状や感触と考える方が良いであろう。
また、頭皮の「ふけ」を「うろこ」や「いろこ」と言ったり、皮膚病の時に掻くと出る粉も「いろこ」と言ったが、鱗状であるところから「ふけ」など指すようになったとも考えられるため、これをもって魚の説を否定することは出来ない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ビンタの語源・由来

  2. 弁慶の泣き所の語源・由来

  3. 落とし前の語源・由来

  4. かまぼこの語源・由来

  5. ブルの意味・類語・言い換え

  6. ラベンダーの語源・由来

  7. コケモモの意味・別名・類語

  8. うるさいの語源・由来

  9. 魚の栄養基礎知識

  10. 舞茸の語源・由来

  1. 考えるの語源・由来

  2. 「仏」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 日高市の意味・シンボル

  4. 「雪」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. 岐阜県の市町村名一覧

  6. 中国の語源・由来

  7. 「コンサート」「ライブ」「GIG」の違い

  8. 怖いの語源・由来

  9. 三隣亡の意味・類語・言い換え

  10. 中野区の語源・由来

人気記事

  1. 稀有の語源・由来

  2. 弱冠の語源・由来

  3. 足袋の語源・由来

  4. ウグイス嬢の語源・由来

  5. ヤモリの語源・由来

  6. へっちゃらの語源・由来

  7. 山形県の語源・由来

TOP