あたりめの語源・由来

あたりめは、「するめ」の「する」を嫌って言い換えた言葉。
「する」は、博打でお金が無くなる意味の「する(擦る)」、財布やお金を盗む意味の「する(掏る)」に通じ、縁起が悪い。
するめは縁起物として扱われ、結納品にも用いられるものなので、縁起の悪い言葉を避けるため、「する」を縁起の良い「当たり」に換えて、「あたりめ」と呼ぶようになった。
そのため、「あたりめ」を漢字表記する場合は、「当たりめ(当りめ)」である。

出典:語源由来辞典

TOP