滅法の語源・由来

滅法は仏教用語で、因縁に支配される世界を超え、絶対に生滅変化しない真如や涅槃といった絶対的真理のことで、「無為法(むいほう)」の別名である。
滅法に「因縁を超越した絶対的なもの」といった意味が含まれていることから、近世以降、「桁外れに」「甚だしく」といった意味が派生し、「喧嘩が滅法強い」や「今日は滅法暑い」などと用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 柳の種類

  2. 「土」「泥」「泥土」の違い

  3. 元の木阿弥の意味・類語・言い換え

  4. りんごの意味・別名・類語

  5. 領袖の語源・由来

  6. そら豆の意味・別名・類語

  7. 酷いの語源・由来

  8. 私の意味・類語・言い換え

  9. 三角関係の意味・類語・言い換え

  10. 「怖い」「恐い」「強い」の違い

  1. 唇の語源・由来

  2. チェリーボーイの語源・由来

  3. 「習う」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. 土に灸の意味・類語・言い換え

  5. 武士の語源・由来

  6. ぞっこんの語源・由来

  7. 宮城県の市区町名一覧

  8. ロンパリの意味・類語・言い換え

  9. 流行るの意味・類語・言い換え

  10. 小平市の意味・シンボル

人気記事

  1. 烏兎匆匆の語源・由来

  2. モミの語源・由来

  3. 「一般職」と「総合職」の違い

  4. ラベンダーの語源・由来

  5. かるたの語源・由来

  6. 取り越し苦労の語源・由来

  7. 「レンタル」「リース」「ローン」の違い

TOP