美しいの語源・由来

美しいは、上代では妻子など自分より弱い者に対して抱くいつくしみの感情を表した。
『万葉集』には、「父母を見れば尊し妻子見れば米具斯宇都久志(めぐしうつくし)」とある。
平安初期以降、うつくしいは小さいものや幼いものに対する「かわいい」「いとしい」といった感情を表すようになり、平安末期頃から「きれいだ」を意味するようになった。

漢字の「美(美しい)」は、「羊」+「大」で、形の良い大きなヒツジを表している。
これは、中国古代の王朝「周」の人々が、ヒツジを最も大切な家畜としていたことに由来すると考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 凄まじいの語源・由来

  2. 惣菜の意味・類語・言い換え

  3. 瀬戸際の意味・類語・言い換え

  4. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  5. 宴会の意味・類語・言い換え

  6. 草の意味・類語・言い換え

  7. おならの語源・由来

  8. アメダスの語源・由来

  9. 花蜜柑の意味・類語・言い換え

  10. メランザーネの意味・類語・言い換え

  1. アザラシの意味・別名・類語

  2. 夏季と夏期の違い・使い分け

  3. プライドの意味・類語・言い換え

  4. いなたいの意味・類語・言い換え

  5. 核心の意味

  6. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

  7. 猫の意味・別名・類語

  8. お屠蘇の語源・由来

  9. 運星の意味・類語・言い換え

  10. 陶酔の意味

人気記事

  1. バレンシアオレンジとネーブルオレンジの違い

  2. 寿司と鮨と鮓の違い

  3. 大笑いと爆笑と哄笑とバカ笑いと高笑いの違い

  4. 上白糖とグラニュー糖と三温糖の違い

  5. かいわれ大根と大根の違い

  6. ラーメンと中華そばと支那そばの違い

  7. 野菜と果物の違い

TOP