半畳を入れるの語源・由来

半畳は、江戸時代の芝居小屋で敷く、畳半分ほどの茣蓙(ござ)のこと。
現在の座席指定料のようなもので、昔の芝居小屋の客席は土間であったため、観客が入場料として半畳を買い、これを敷いて見物していた。
役者の演技が気に入らないとヤジを飛ばし、この半畳(茣蓙)を投げ入れたことから、「半畳を入れる」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. タバコの語源・由来

  2. 感賞の意味・類語・言い換え

  3. 七飯町の語源・由来

  4. 昆虫の意味・類語・言い換え

  5. コツの語源・由来

  6. サインの語源・由来

  7. なぜ人間だけが言葉を話せるのか

  8. えぐいの意味・類語・言い換え

  9. 曖昧の語源・由来

  10. 馴鹿の意味・別名・類語

  1. 明石市の意味・シンボル

  2. 鳶職の意味・類語・言い換え

  3. 都合の語源・由来

  4. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  5. 番茶の栄養基礎知識

  6. 情けは人の為ならずの語源・由来

  7. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」の違い

  8. 「署名」「記名」「サイン」の違い

  9. 柳の意味・別名・類語

  10. 三途の川の語源・由来

人気記事

  1. 一枚看板の語源・由来

  2. ウマノアシガタの語源・由来

  3. 静岡市の語源・由来

  4. ピエロの語源・由来

  5. 「国立公園」「国定公園」「国営公園」「国民公園」の違い

  6. 「花」と「華」の違い

  7. 「指示」「指図」「指導」の違い

TOP