半畳を入れるの語源・由来

半畳は、江戸時代の芝居小屋で敷く、畳半分ほどの茣蓙(ござ)のこと。
現在の座席指定料のようなもので、昔の芝居小屋の客席は土間であったため、観客が入場料として半畳を買い、これを敷いて見物していた。
役者の演技が気に入らないとヤジを飛ばし、この半畳(茣蓙)を投げ入れたことから、「半畳を入れる」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「勧める」「奨める」「薦める」の違い

  2. 町田市の語源・由来

  3. コウモリの語源・由来

  4. 父の日の意味・類語・関連語

  5. 小春日和の語源・由来

  6. パグの語源・由来

  7. 時期の意味・類語・言い換え

  8. 梨の語源・由来

  9. くだを巻くの語源・由来

  10. たけのこの栄養基礎知識

  1. 已己巳己の語源・由来

  2. おかずの語源・由来

  3. カンニングの語源・由来

  4. パッチの語源・由来

  5. 滅相もないの語源・由来

  6. 食料の意味・類語・言い換え

  7. 三行半の意味・類語・言い換え

  8. 時化の語源・由来

  9. 幸運の意味・類語・言い換え

  10. 寅(寅年)の語源・由来

人気記事

  1. 一粒万倍の語源・由来

  2. 殺陣の語源・由来

  3. 「砂丘」と「砂漠」の違い

  4. 千代田区の語源・由来

  5. よすがの語源・由来

  6. ウマノアシガタの語源・由来

  7. 「歌手」「声楽家」「シンガー」の違い

TOP