左官の語源・由来

左官の語は、平安時代に遡る。
平安時代には、宮殿の建築や宮中を修理する職人を「木工寮の属(さかん)」と呼んだ。
属(さかん)は、律令制で各官庁の階級を「かみ」「すけ」「じょう」「さかん」と構成した四等官のひとつである。
壁塗り職人は木工属に任命され、出入りを許可されていたことから、「さかん」と呼ばれるようになった。

漢字の「左官」は当て字で、古くは「沙官」「沙翫」と表記されていた。
「左官」を「しゃかん」と発音するのは、「さかん」の訛りである。
ただし、「さ」に「沙」の字が当てられていたこともあるため、単なる訛りではないとも考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. アマダイの種類

  2. 岐阜市の意味・シンボル

  3. 八王子市の意味・別名・シンボル

  4. 「関東」「関東地方」「首都圏」「東京圏」の違い

  5. 晩秋の意味・類語・言い換え

  6. 資産家の意味・類語・言い換え

  7. パンデミックの語源・由来

  8. 「署名」「記名」「サイン」の違い

  9. ガーネットの語源・由来

  10. 「謝罪」「陳謝」「深謝」の違い

  1. 土用の丑の日の語源・由来

  2. 今川焼きの意味・別名・類語

  3. 「退職願」「退職届」「辞表」の違い

  4. 時化の語源・由来

  5. 対岸の火事の語源・由来

  6. 謝るの意味・類語・言い換え

  7. シルバーの意味・類語・言い換え

  8. 「元日」「元旦」「正月」の違い

  9. 「関西」「近畿」「京阪神」の違い

  10. 葛飾区の語源・由来

人気記事

  1. ラリるの語源・由来

  2. 枚方市の語源・由来

  3. 柿の語源・由来

  4. シルエットの語源・由来

  5. 猪豚肉の栄養基礎知識

  6. 「配布」と「配付」の違い

  7. うたの語源・由来

TOP