馬耳東風の語源・由来

馬耳東風の「東風」は、東から吹く暖かい風で「春風」の意味。
馬耳東風の「馬耳」は、文字通り「馬の耳」のこと。
つまり、馬耳東風は、人は春風(東風)が吹けば寒い冬が去って暖かくなると思い喜ぶが、馬は耳をなでる春風に何も感じないという意味である。
そこから、他人の意見を聞き入れず、心に留めようともしないことのたとえとなった。
馬耳東風の出典は、李白の『答王十二寒夜独有懐』にある「世人之を聞けば皆頭を掉り、東風の馬耳を射るが如き有り(世の人達は頭を振って聞き入れない。まるで春風が馬の耳に吹くようなものである)」という詩による。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「無料」と「無償」の違い

  2. 烏口の意味・別名・類語

  3. 青森県の意味・シンボル

  4. はなむけの語源・由来

  5. 雪隠の意味・別名・類語

  6. 三島市の意味・シンボル

  7. 川口市の意味・シンボル

  8. 満を持すの意味・類語・言い換え

  9. 滝の語源・由来

  10. 「ふらふら」「ぶらぶら」「ぷらぷら」の違い

  1. アンジェリカの意味・別名・類語

  2. 弁慶の泣き所の意味・類語・言い換え

  3. ハロウィンの語源・由来

  4. アフロヘアーの語源・由来

  5. キンモクセイの語源・由来

  6. 豊島区の意味・シンボル

  7. 馬の骨の意味・類語・言い換え

  8. 依頼の意味

  9. キャンプの意味・類語・言い換え

  10. エリンギの語源・由来

人気記事

  1. ミミズクの語源・由来

  2. たかをくくるの語源・由来

  3. 痛み入りますの語源・由来

  4. 痣の語源・由来

  5. 風呂吹き大根の語源・由来

  6. ゲルマニウムの語源・由来

  7. 「記入」「記載」「記述」の違い

TOP