コノシロの語源・由来

コノシロは、焼くと人間を焼いたような臭いがすることから様々な伝説があり、それらを語源とする説が多い。
その伝説は、親が娘の嫁入りをやめさせるため先方には「娘は死んだ」と偽り、この魚を焼いて棺に入れたというもの。
また、子供が生贄にされないようこの魚を焼いたというもので、話自体は少しずつ異なるが、子供の身代わりという意味で「このしろ(子の代)」が語源という点では共通している。
しかし、これらの伝説は後世に作られた話に過ぎず、上代特殊仮名遣いも異なるため、コノシロの語源としては認められていない。
「コノシロ」は「この城を食う」「この城を焼く」などに通じるとして、武士は避けていたといわれるが、「この城」が語源ということでもない。
多くのものは命名される際、外観の特徴から名付けられている。
コノシロの外観で特徴的なのは糸状に伸びた背びれなので、「子の後ろ」もしくは「此の後ろ」を語源とする説が良い。

漢字の「鮗」は、コノシロの旬の時期が11〜2月なので、「冬が旬になる魚」を表している。
ただし、これは成魚の話で、コハダは8〜9月、シンコは6〜7月が旬といわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. クラリセージの語源・由来

  2. 甲府市の語源・由来

  3. 鏡抜きの意味・類語・言い換え

  4. 羊羹の意味・類語・言い換え

  5. イギリスの意味・別名・類語

  6. 初参りの意味・類語・言い換え

  7. 印税の語源・由来

  8. カレイの語源・由来

  9. 配偶者の意味・類語・言い換え

  10. 鉢合わせの語源・由来

  1. マンホールの語源・由来

  2. キリンの意味・別名・類語

  3. アタッシュケースの語源・由来

  4. すだれの語源・由来

  5. 「祝日」「祭日」「祝祭日」の違い

  6. こたつの語源・由来

  7. 水掛け論の意味・類語・言い換え

  8. 長崎県の意味・シンボル

  9. 北窓の語源・由来

  10. 大袈裟の語源・由来

人気記事

  1. 大葉の語源・由来

  2. 目抜き通りの語源・由来

  3. アカメヤナギの語源・由来

  4. 明石市の語源・由来

  5. 厚沢部町の語源・由来

  6. 「伺う」と「窺う」の違い

  7. ユートピアの語源・由来

TOP