シフォンケーキの語源・由来

シフォンケーキは、英語「chiffon cake」からの外来語。
「chiffon(シフォン)」とは、ブラウスやベールに用いられる「薄い絹織物」のことで、絹織物のようにきめ細かく柔らかいことから「シフォンケーキ」と名付けられた。

フランス語で「chiffon」は「ボロ切れ」や「ぞうきん」を意味することから、語源を「ボロ切れのケーキ」とするものもある。
しかし、英語の「chiffon」はフランス語に由来するが、下記に記す通り、このケーキはアメリカで作られたものなのでフランス語まで辿る必要はない。
そもそも、ケーキの名前に「ボロ切れ」などと付けるはずがない。

シフォンケーキは、1927年にアメリカのハリー・ベーカー氏によって考案された。
ベーカー氏はレシピを訊ねられても20年間公開せず、謎に包まれたままであったが、1947年にゼネラルミルズ社に売却されて、植物油とメレンゲでその食感が作られていることが明らかとなった。
1948年には生活情報誌で紹介され、今までの常識では考えられなかった発想として、アメリカ全土で大きな反響を呼んだといわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 負けず嫌いの「ず」の意味

  2. スペアリブの意味・別名・類語

  3. 群馬県の市町村名一覧

  4. ひもじいの語源・由来

  5. 代価の意味・類語・言い換え

  6. 危ないの語源・由来

  7. 支度の語源・由来

  8. しめじの栄養基礎知識

  9. チョコレートの語源・由来

  10. 紅の語源・由来

  1. 紙鳶(いか)の意味

  2. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」の違い

  3. 馬耳東風の意味・類語・言い換え

  4. 賢明の意味

  5. 「平和」と「和平」の違い

  6. 違いの意味・類語・言い換え

  7. 鳶職の意味・類語・言い換え

  8. うだつが上がらないの意味・類語・言い換え

  9. こんにちはの語源・由来

  10. アヒルの種類

人気記事

  1. 紋切り型の語源・由来

  2. 下呂市の語源・由来

  3. 苦肉の策の語源・由来

  4. ライチョウの語源・由来

  5. 「元日」「元旦」「正月」の違い

  6. ヘイケボタルの語源・由来

  7. 居候の語源・由来

TOP