名残の語源・由来

「名残」は当て字で、名前が残るという意味が語源ではない。
なごりに漢字の「余波」を当て、波が打ち寄せたあとに残る海水や海藻も意味するように、「なみのこり(波残り)」が短縮し変化して出来た言葉である。
そこから、余韻や影響など、何かの事柄の後に残るものを「なごり」と言うようになった。
「なごり」が波によって残ったものではなく、ある事柄が過ぎたあとに残る余韻や影響を表すようになったのは、『万葉集』にもその例が見られることから、奈良時代以前と考えられる。
人との別れを惜しむ意味で「なごり」が用いられた例は平安時代以降に見られ、「名残惜し(い)」といった形容詞も、その頃から見られるようになる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. チンゲン菜の語源・由来

  2. 恐竜の語源・由来

  3. 仏頂面の語源・由来

  4. バーベキューの語源・由来

  5. 蕎麦の栄養基礎知識

  6. 夜這いの語源・由来

  7. 腹いせの語源・由来

  8. ベランダとバルコニーとテラスの違い

  9. ミノの語源・由来

  10. 日向ぼっこの語源・由来

  1. 茶道で茶碗を回す理由

  2. キンモクセイの語源・由来

  3. 霹靂の意味

  4. ベースボールの意味

  5. お造りの意味・類語・言い換え

  6. リゾットの語源・由来

  7. とりあえずの意味・類語・言い換え

  8. いびきの意味・類語・別名

  9. 汗疹の意味・別名・類語

  10. アザラシの意味・別名・類語

人気記事

  1. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  2. 人種と民族の違い

  3. 聖歌と讃美歌の違い

  4. パンケーキとホットケーキの違い

  5. 方言と訛りの違い

  6. 卓球とピンポンの違い

  7. アーモンドとピーナッツの違い

TOP