橙の語源・由来

橙を漢音では「トウ(タウ)」、呉音では「ジャウ(ヂャウ)」と発音し、「だいだい」というのは和名である。
だいだいの語源は「代々」で、冬に熟した果実が年を越しても落ちず、2~3年なり続けることからこう呼ばれるようになった。
正月飾りに橙が用いられるようになったのも、この「代々」の意味から「代々栄える」という縁起を担いだものである。
鏡餅にみかんを乗せることもあるが、橙でなければ「代々」の意味が無く、ただの飾りとなってしまう。
「だいだい」は中世以降の呼称で、それ以前は「阿部橘・阿倍橘(アベタチバナ・アヘタチバナ)」と呼ばれていた。
「阿部(阿倍)」は現在の奈良県桜井市阿部で、「阿部で採れる橘」という意味らしい。

漢字では「橙」の他に、「臭橙」や「回青橙」と表記されることもある。
「臭橙」の「臭」は風味の良さ(におい)を表したもので、「くさい」ということではない。
「回青橙」は、冬に黄熟した果実が翌春には再び青緑色になることからである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. しゃらくさいの語源・由来

  2. 陶器の意味・類語・言い換え

  3. おはようの語源・由来

  4. プライドの意味・類語・言い換え

  5. 金沢市の語源・由来

  6. カモミールの意味・別名・類語

  7. 長万部町の語源・由来

  8. けったいの語源・由来

  9. カリの語源・由来

  10. 軌跡の意味・類語・言い換え

  1. 銭の語源・由来

  2. 呉汁の語源・由来

  3. オジギソウの語源・由来

  4. 老婆心の語源・由来

  5. 鳴門市の語源・由来

  6. なると巻きの語源・由来

  7. スイートルームの語源・由来

  8. 火中の栗を拾うの語源・由来

  9. 恐竜の種類

  10. はなむけの語源・由来

人気記事

  1. ツラミの語源・由来

  2. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」の違い

  3. 先鞭をつけるの語源・由来

  4. 飛竜頭の語源・由来

  5. 「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」の違い

  6. 「クッキー」「ビスケット」「サブレ」の違い

  7. 「倉」「蔵」「庫」の違い

TOP