虎の子の語源・由来

虎の子は、母虎の性質から出た言葉。
虎は自分の子を大事に守り、非常にかわいがって育てるといわれている。
そのことから、大切にして手放さない物や、秘蔵品のたとえとして「虎の子」と言うようになった。
江戸時代の川柳『誹風柳多留』には、「虎の子を どらな子に母 してやられ(「どらな子」は「ドラ息子」の意)」の例がある。

出典:語源由来辞典

TOP