石鹸の語源・由来

石鹸は、「固い鹸」の意味として日本人が考えた造語である。
「石」は、固い物の意味。
「鹸」は、塩水が固まったアルカリの結晶、また灰をこした水のことで、アルカリ性で洗濯にも使えることから、本来は「鹸」の一字でも「石鹸」を意味する。
石鹸は南蛮貿易により渡来したが、当初は灰汁を麦粉で固めたものを言い、「鹸」の意味のまま用いられていた。
江戸時代には「シャボン」が常用語として使われていたため「石鹸」の語はあまり見られないが、明治に入ると漢語重視の風潮になり、多く用いられるようになった。
ただし、この当時の「石鹸」の振り仮名は「シャボン」とされるのが普通で、「せっけん」と読まれるのは明治後半からである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 梨の語源・由来

  2. カタツムリの語源・由来

  3. ちぐはぐの語源・由来

  4. はなむけの語源・由来

  5. 薹が立つの語源・由来

  6. 大根役者の語源・由来

  7. ビーバーの語源・由来

  8. 山形県の語源・由来

  9. 燃やすと焼くと焚くの違い

  10. インフルエンサーの語源・由来

  1. 七飯町の意味・シンボル

  2. 梨の栄養基礎知識

  3. 十八番の語源・由来

  4. 想像と空想と夢想と妄想と幻想の違い・使い分け

  5. バイキング料理の意味・類語・言い換え

  6. ねぶたとねぷたの違い

  7. 制作の意味・類語・言い換え

  8. 老人の日の意味・類語・言い換え

  9. 赤磐市の語源・由来

  10. あなごの栄養基礎知識

人気記事

  1. 探すと捜すの違い・使い分け

  2. 時期と時季と時機の違い・使い分け

  3. 絶対と絶体の違い・使い分け

  4. レンコンに穴があいている理由と穴の数

  5. 観賞と鑑賞の違い・使い分け

  6. ラーメンと中華そばと支那そばの違い

  7. Q&AとFAQの違い・使い分け

TOP