行水の語源・由来

「鉢から手を離して」を意味する古代インド言語のパーリー語を漢訳する際、「手自斟酌。食訖行水。(自ら手に水を汲み、食事の後に終えて手を洗うこと)」と訳され、「行水」の字が当てられた。
ここから、行水は潔斎のために清水で体を洗い清める行の意味で用いられていた。
たらいに湯や水を入れ、体を洗う意味で「行水」を用いるようになったのは中世以降である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 寿の語源・由来

  2. ボイコットの意味・類語・言い換え

  3. あなたの意味・類語・言い換え

  4. 社畜の意味・類語・言い換え

  5. 肉薄の語源・由来

  6. 泥に灸の意味・類語・言い換え

  7. 「意図的」と「恣意的」の違い

  8. やもめの意味・類語・言い換え

  9. 回答の意味・類語・言い換え

  10. にべもないの語源・由来

  1. アワビの意味・別名・類語

  2. 三枚目の語源・由来

  3. 二の舞の語源・由来

  4. 宇多津町の語源・由来

  5. 多治見市の意味・シンボル

  6. 道路の意味・類語・言い換え

  7. パフェの種類

  8. とんずらの語源・由来

  9. 指切りげんまんの意味・類語・言い換え

  10. 「早い」と「速い」の違い

人気記事

  1. 「生誕」と「誕生」の違い

  2. アイデンティティの語源・由来

  3. 「アヤメ」「ショウブ」「カキツバタ」の違い

  4. 「茹でる」「湯がく」「湯通し」の違い

  5. 「ダックスフント」と「ダックスフンド」の違い

  6. しっぽの語源・由来

  7. 捨て石の語源・由来

TOP