サンダルの語源・由来

サンダルは、「板」を意味するギリシャ語「sandalion」に由来する。
サンダルの起源は諸説あるが、紀元前2000年頃のエジプトで熱砂から足の裏を保護するために、板で作られたのが始まりと考えられている。
日本では1932年頃から木製のサンダルが作られるようになり、1950年頃からビニール製が作られ、ビーチサンダルなど広く使われるようになった。

出典:語源由来辞典

TOP