いかずちの語源・由来

いかずちの「いか」は「たけだけしい」「荒々しい」「立派」などを意味する形容詞「厳し(いかし)」の語幹で、「ず(づ)」は助詞の「つ」。
「ち」は「みずち(水霊)」や「おろち(大蛇)」の「ち」など、霊的な力を持つものを表す言葉で、いかずちは「厳(いか)つ霊(ち)」が語源である。
本来、いかずちは鬼や蛇、恐ろしい神などを表す言葉であった。
雷は自然現象の中でも特に恐ろしく、神と関わりが深いと考えられていたことから、いかずちは雷を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. フェルトペンの語源・由来

  2. 終局の語源・由来

  3. ブルジョワの意味・類語・言い換え

  4. ジャージの語源・由来

  5. 竜の語源・由来

  6. 辛抱の意味・類語・言い換え

  7. カレンダーの語源・由来

  8. たらふくの意味・類語・言い換え

  9. オトギリソウの語源・由来

  10. 鼻持ちならないの意味・類語・言い換え

  1. つらつらの意味・類語・言い換え

  2. 「人間」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 核家族の語源・由来

  4. 辻褄の語源・由来

  5. 乞食の語源・由来

  6. 危ないの語源・由来

  7. ドラの語源・由来

  8. 駆け引きの語源・由来

  9. おとといの語源・由来

  10. 刹那の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「校正」と「校閲」の違い

  2. 尼崎市の語源・由来

  3. コハダの語源・由来

  4. ハギの語源・由来

  5. 小結の語源・由来

  6. 「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

  7. くノ一の語源・由来

TOP