かみなりの語源・由来

かみなりは、「神鳴り」が語源である。
鬼の姿で虎の皮のふんどしを締め、背負った太鼓を打ち鳴らす雷神(雷様)は、現代では空想上のものとされているが、昔は、本当に神がかみなりを鳴らすと信じられていたため、「かみなり(神鳴り)」と呼ばれるようになった。
「かみなり」は中世以降にが広く使われるようになった語で、それ以前は「なるかみ」や「いかづち」が一般的であった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「首」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 松本市の語源・由来

  3. キャベツの語源・由来

  4. 浮世の語源・由来

  5. 虫酸が走るの語源・由来

  6. 占いの語源・由来

  7. 日高市の語源・由来

  8. アキレス腱の意味・別名・類語

  9. 一肌脱ぐの語源・由来

  10. ロマンスの意味・類語・言い換え

  1. ご多分に漏れずの語源・由来

  2. かかとの語源・由来

  3. クロッキーの意味・類語・言い換え

  4. ぬか喜びの語源・由来

  5. 茶話会の意味・類語・言い換え

  6. 偕老同穴の語源・由来

  7. 痛いの語源・由来

  8. パーソナルトレーナーの意味・類語・言い換え

  9. 三重県の市町名一覧

  10. ただいまの語源・由来

人気記事

  1. 頑張るの語源・由来

  2. 得体の語源・由来

  3. ロメインレタスの栄養基礎知識

  4. 猪口才の語源・由来

  5. 「召集」と「招集」の違い

  6. トロンボーンの語源・由来

  7. 飛島村の語源・由来

TOP