合いの手の語源・由来

合いの手は、元は邦楽用語。
「あい」は「間」を意味し、「て」は「メロディー」「楽曲」「調べ」などを意味する。
そこから、歌や踊りの間に入れる演奏を「合いの手」と言うようになった。
さらに、会話などの進行を促すために相手の話の合間に挟む言葉も「合いの手」と言うようになり、漫才のボケに対するツッコミや、インタビューの聞き手の言葉なども言うようになった。

あいのての漢字は「合いの手(合の手)」のほか、「相の手」や「間の手」とも書く。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ゴトウイカの意味・別名・類語

  2. 津波の意味・類語・言い換え

  3. 緑黄色野菜の栄養基礎知識

  4. まばたきの語源・由来

  5. ヤモリの語源・由来

  6. 浅はかの意味・類語・言い換え

  7. あんぽ柿の語源・由来

  8. パンデミックの意味・類語・言い換え

  9. 「習う」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 流行の語源・由来

  1. 魚の語源・由来

  2. 大田区の意味・シンボル

  3. 「凸凹(でこぼこ)」と「凹凸(おうとつ)」の違い

  4. 嫌味の語源・由来

  5. 帯広市の意味・シンボル

  6. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」の違い

  7. ブロッコリーの栄養基礎知識

  8. 鎌倉市の語源・由来

  9. 尊い(貴い)の語源・由来

  10. ショートケーキの意味・別名・類語

人気記事

  1. ヒトデの語源・由来

  2. 「寝る」と「眠る」の違い

  3. ツツジの語源・由来

  4. 大八車の語源・由来

  5. ヘビイチゴの語源・由来

  6. いけ好かないの語源・由来

  7. カミナリイカの語源・由来

TOP