瀬戸際の語源・由来

「瀬戸」は「狭門(せと)」の意味で、両側の陸地が接近して海が狭くなっている所。
古くは「せど」とも言い、「瀬戸」と表記されるようになったのは近世以降である。
「際」は境界となるところ、境目の部分を意味する言葉で、瀬戸際は「狭い海峡と海との境目」が本来の意味である。
そこから、重要な分岐点・物事の分かれ目などを「瀬戸際」というようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 鬱陶しいの語源・由来

  2. 食パンの語源・由来

  3. 十二指腸の語源・由来

  4. アイデンティティの意味・類語・言い換え

  5. 同棲の意味・類語・言い換え

  6. 郷里の意味・類語・言い換え

  7. 床屋の意味・別名・類語

  8. 唐変木の意味・類語・言い換え

  9. 菜(さい)の意味・類語・言い換え

  10. 汗疹の意味・別名・類語

  1. ピクトグラムの意味・類語・言い換え

  2. マヨネーズの意味・類語・関連調味料

  3. ハムスターの種類

  4. 虻蜂取らずの語源・由来

  5. ガーネットの語源・由来

  6. プレカリアートの意味・類語・言い換え

  7. どんぐりの語源・由来

  8. ブザーの意味・類語・言い換え

  9. クレープの語源・由来

  10. ギターの語源・由来

人気記事

  1. 車海老の語源・由来

  2. ブスの語源・由来

  3. 朝三暮四の語源・由来

  4. 「香り」「薫り」「馨り」の違い

  5. やばいの語源・由来

  6. 栗の栄養基礎知識

  7. 「返事」「返答」「応答」「回答」の違い

TOP