瀬戸際の語源・由来

「瀬戸」は「狭門(せと)」の意味で、両側の陸地が接近して海が狭くなっている所。
古くは「せど」とも言い、「瀬戸」と表記されるようになったのは近世以降である。
「際」は境界となるところ、境目の部分を意味する言葉で、瀬戸際は「狭い海峡と海との境目」が本来の意味である。
そこから、重要な分岐点・物事の分かれ目などを「瀬戸際」というようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ジンチョウゲの語源・由来

  2. 他力本願の語源・由来

  3. 妾の語源・由来

  4. 枝豆の栄養基礎知識

  5. 炒り卵とスクランブルエッグの違い

  6. いただきますの語源・由来

  7. あざなの語源・由来

  8. 寿の語源・由来

  9. スイートルームの種類

  10. ありがとうの語源・由来

  1. オジギソウの語源・由来

  2. ライバルの語源・由来

  3. ビーバーの語源・由来

  4. 走狗の語源・由来

  5. 美人局の語源・由来

  6. クエン酸の意味・類語・言い換え

  7. いちごの品種

  8. モロヘイヤの栄養基礎知識

  9. 油を絞るの意味・類語・言い換え

  10. 木材と材木の違い・使い分け

人気記事

  1. 降水量と降雨量の違い

  2. 忖度と斟酌の違い・使い分け

  3. 意思と意志の違い・使い分け

  4. 仕事と職業と職の違い・使い分け

  5. 異常と異状の違い・使い分け

  6. 祝日と祭日と祝祭日の違い

  7. 発達と発展と進展と進歩と向上の違い・使い分け

TOP