寵児の語源・由来

寵児の「寵」を「チョウ」と発音するのは漢音で、呉音では「チュウ」。
「寵」は龍を屋内に囲い、大切に養うさまを表した漢字で、「寵愛」や「寵する」など、特別にかわいがることを意味するようになった。
そこから、特別にかわいがられる子供を言うようになり、「時代の寵児」というように、世間にもてはやされる人気者や流行児の意味でも「寵児」は使われるようになった。

出典:語源由来辞典

TOP