寵児の語源・由来

寵児の「寵」を「チョウ」と発音するのは漢音で、呉音では「チュウ」。
「寵」は龍を屋内に囲い、大切に養うさまを表した漢字で、「寵愛」や「寵する」など、特別にかわいがることを意味するようになった。
そこから、特別にかわいがられる子供を言うようになり、「時代の寵児」というように、世間にもてはやされる人気者や流行児の意味でも「寵児」は使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. しわの語源・由来

  2. パスタとスパゲッティの違い

  3. イライラの語源・由来

  4. 計ると測ると量るの違い・使い分け

  5. 綱引きの掛け声「オーエス」の意味と語源

  6. インフルエンサーの語源・由来

  7. つくねの語源・由来

  8. かまをかけるの語源・由来

  9. 布の語源・由来

  10. 赤鬼と青鬼と黄鬼と緑鬼と黒鬼の違い

  1. 父の語源・由来

  2. 虎の子の意味・類語・言い換え

  3. 膝の語源・由来

  4. デジタルの語源・由来

  5. でんでんむしの意味・別名・類語

  6. 山口県の語源・由来

  7. ジンチョウゲの語源・由来

  8. うな重の意味・別名・類語

  9. スパゲッティの種類

  10. 印鑑とはんこと印章の違い・使い分け

人気記事

  1. 土偶と埴輪の違い

  2. 初夏と立夏と孟夏の違い

  3. 油と脂と膏の違い・使い分け

  4. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い

  5. 調理と料理の違い・使い分け

  6. アカデミー賞とオスカーの違い

  7. 予言と預言の違い

TOP