おせち料理の語源・由来

おせち料理の「せち(節)」は、元は季節の変わり目をいった言葉。
変わり目となる日は「節日(せちにち)」といい、この日にはお祝いが行われた。
節日に作られる供物を「節供(せちく)」といい、節供には元日の膳、正月一五日の粥(のちの七草粥)、端午の節句のちまきなどがある。
やがて、節供としての料理を「おせち料理」と言うようになった。
「御節(おせち)」の「御」は接頭語、「節」は節の日の意味である。
その後、おせちは節の日に作る特別な料理の意味から、正月に作られるご馳走に限定されるようになり、現代では他の節日の料理を指すことはなくなった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ザウムイの意味・別名・類語

  2. なぜ雪は白いのか

  3. 陶器の意味・類語・言い換え

  4. 広島県の市区町名一覧

  5. 切ないの語源・由来

  6. 夢の意味

  7. 乙女の意味・類語・言い換え

  8. ミーハーの意味・類語・言い換え

  9. 瀬戸際の語源・由来

  10. 同居と同棲と内縁の違い

  1. おっかないの語源・由来

  2. ハロウィンの語源・由来

  3. 革命の語源・由来

  4. マグニチュードの意味・類語・言い換え

  5. 太衝の意味・類語・言い換え

  6. うなぎ重の意味・別名・類語

  7. 自信の意味・類語・言い換え

  8. トウキの意味・別名・類語

  9. 正陽月の意味・類語・言い換え

  10. 変わると代わると替わると換わるの違い・使い分け

人気記事

  1. 忖度と斟酌の違い・使い分け

  2. からしとマスタードの違い

  3. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  4. 科学と化学の違い・使い分け

  5. スダチとカボスの違い

  6. カタログとパンフレットとリーフレットの違い

  7. 炒り卵とスクランブルエッグの違い

TOP