妾の語源・由来

妾は目を掛けて世話をすることに由来する語で、本来は「目掛け」と書く。
「めかけ」は中世末期から見られる語で、同じ時代には、手を掛けて愛することから「てかけ」という言葉もあった。
『日葡辞書』には「めかけ」や「てかけ」の他に、「目見せ(めみせ)」の語も見られる。

漢字の「妾」は、「立」と「女」ではなく、「辛」と「女」が合わさった字。
「辛」は捕虜や罪人に入れ墨のしるしをつけることを示し、「妾」は入れ墨をした女奴隷の意味する漢字である。
そこから、女性を卑しめていう言葉。また、身近に接して世話をする女性をさす言葉となり、「めかけ」の当て字として「妾」が用いられるようになった。
また、「妾」は「わらわ(「童」と同源)」とも読み、女性が自らを謙遜していう語として、近世の武家の女性が用いた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. とんちんかんの語源・由来

  2. 流行の意味・類語・言い換え

  3. ケチの意味・類語・言い換え

  4. 愛知県の意味・シンボル

  5. 蝶の意味・別名・類語

  6. デザートの語源・由来

  7. 義理の語源・由来

  8. めどの語源・由来

  9. 天衣無縫の意味・類語・言い換え

  10. スペアミントの語源・由来

  1. ディスカウントの語源・由来

  2. 銀行の意味・類語・言い換え

  3. ロハの意味・類語・言い換え

  4. 塗炭の苦しみの語源・由来

  5. 藤岡市の語源・由来

  6. カルビの語源・由来

  7. 島根県の意味・シンボル

  8. 自画自賛の意味・類語・言い換え

  9. ブルーチーズの栄養基礎知識

  10. 宮城県の市区町名一覧

人気記事

  1. インゲンマメの語源・由来

  2. 「準備」「用意」「支度」の違い

  3. 「追求」「追及」「追究」の違い

  4. おいどの語源・由来

  5. 「初雪」と「新雪」の違い

  6. キンカンの語源・由来

  7. リムジンの語源・由来

TOP