手紙の語源・由来

本来、手紙は「常に手元に置いて使う紙」「半切り紙」のことをいった。
「書簡」の意味で「手紙」が用いられるのは近世初期以降で、それ以前は学問などでは「文(ふみ)」、動静や様子を知らせる書状は「消息」の語が用いられた。
手紙が「手元に置いて使う紙」の意味から「書簡」の意味に転じた理由は、「手」が「筆跡」や「文書」の意味でも用いられていたことに由来するか、意味が転じた当初、手紙は「簡略な書きつけ」を指しているため、手元に置いてある紙を用いたことに由来すると考えられる。
また、中国語で「手紙」は「トイレットペーパー」を意味し、「手元に置いて使う紙」の意味が転じたといわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ピクトグラムの語源・由来

  2. タラバガニの語源・由来

  3. コスモス(宇宙)の語源・由来

  4. ふぐの語源・由来

  5. 二期作と二毛作の違い

  6. 伊勢海老の語源・由来

  7. 関西と近畿と京阪神の違い

  8. だらしないの語源・由来

  9. ドクエの語源・由来

  10. 岡目八目の語源・由来

  1. 時計の語源・由来

  2. 懐古と回顧の違い・使い分け

  3. 相違の意味・類語・言い換え

  4. 終局の語源・由来

  5. 護摩の灰の意味・類語・言い換え

  6. 依頼の意味

  7. 昼光色と昼白色と電球色の違い

  8. 節分の意味・類語・言い換え

  9. スダチとカボスの違い

  10. アキレス腱の語源・由来

人気記事

  1. 了解と了承と承知と承諾の違い・使い分け

  2. ブイヨンとコンソメと鶏ガラスープの違い

  3. 尊いと貴いの違い・使い分け

  4. 取締役と役員と執行役員の違い

  5. 保証人と連帯保証人の違い

  6. ジュゴンとマナティの違い・見分け方

  7. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

TOP