亭主の語源・由来

亭主の「亭」の字は、地上にすくっとたった建物や物見やぐらを表し、屋敷や住居の意味として用いられる語である。
亭主はその建物の主人をさし、そこから一家の主人を意味するようになった
「亭主」の用例が見られるのは鎌倉時代以降で、平安時代には「いへあるじ」「いへのきみ」と呼ばれていたようである。
夫のことを「亭主」と称する用法は、江戸時代頃から見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ロードの意味・類語・言い換え

  2. ワッフルの意味・別名・類語

  3. 大喜利の意味・類語・言い換え

  4. 佐賀県の市町名一覧

  5. 二の足を踏むの語源・由来

  6. 身から出た錆の語源・由来

  7. 季節の意味・類語・言い換え

  8. ミーちゃんハーちゃんの意味・類語・言い換え

  9. 柿の種類

  10. 蓼食う虫も好き好きの意味・類語・言い換え

  1. 夫の語源・由来

  2. 暖簾に腕押しの語源・由来

  3. 踊り場の意味・類語・関連語

  4. スベリヒユの語源・由来

  5. 中野区の意味・シンボル

  6. 「年」と「歳」の違い

  7. 文明の種類

  8. 驕るの意味・類語・言い換え

  9. ドリアの語源・由来

  10. ビジネスウーマンの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. イトヤナギの語源・由来

  2. 差し出がましいの語源・由来

  3. エモいの語源・由来

  4. 半田市の語源・由来

  5. ビビるの語源・由来

  6. 埴輪の語源・由来

  7. とっくにの語源・由来

TOP