亭主の語源・由来

亭主の「亭」の字は、地上にすくっとたった建物や物見やぐらを表し、屋敷や住居の意味として用いられる語である。
亭主はその建物の主人をさし、そこから一家の主人を意味するようになった
「亭主」の用例が見られるのは鎌倉時代以降で、平安時代には「いへあるじ」「いへのきみ」と呼ばれていたようである。
夫のことを「亭主」と称する用法は、江戸時代頃から見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 遊説の語源・由来

  2. 呉服の語源・由来

  3. 夏の語源・由来

  4. 博打の語源・由来

  5. お節介の語源・由来

  6. コリアンダーの語源・由来

  7. クリスマスとクリスマスイブの違い

  8. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

  9. 名刺の語源・由来

  10. ウイスキーの栄養基礎知識

  1. 菜盛花の意味・別名・類語

  2. 依怙贔屓の語源・由来

  3. 牛の角を蜂が刺すの意味・類語・言い換え

  4. 不可逆の意味・類語・言い換え

  5. 総領の甚六の語源・由来

  6. 絶倫の意味・類語・言い換え

  7. オキナグサの語源・由来

  8. 水族館のサメが他の魚を食べない理由

  9. 文句の意味・類語・言い換え

  10. 茹でると湯がくと湯通しの違い

人気記事

  1. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  2. 問題と課題の違い

  3. 初めと始めの違い・使い分け

  4. 赤鬼と青鬼と黄鬼と緑鬼と黒鬼の違い

  5. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  6. 「臭い」という漢字の由来

  7. 朝令暮改と朝三暮四の違い

TOP