稽古の語源・由来

「稽」は「考える」を意味する漢字で、漢語の「稽古」の原義は「古(いにしえ)を考える」「昔のことを調べ、今なすべきことは何かを正しく知る」で、温故知新に似た意味であった。
そこから派生し、古い書物などを読んで学ぶことを意味するようになり、「稽古」は学問する意味で用いられるようになった。
日本では中世以降、学問に限らず、芸能や武術を学んだり習うことにも「稽古」が用いられた。
現代では、学問を学ぶことよりも、華道や茶道などの芸事や、剣道や弓道などの武芸を習ったり練習する意味で使われることが多い。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 狼狽の語源・由来

  2. べらぼうの語源・由来

  3. 甘いものは別腹の仕組み

  4. 肉(肉類)の栄養基礎知識

  5. 広島県の市区町名一覧

  6. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  7. 日射病と熱射病と熱中症の違い

  8. 軍鶏の語源・由来

  9. そうめんの語源・由来

  10. 努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け

  1. コンビニの意味・類語・言い換え

  2. ピーナッツと落花生と南京豆の違い

  3. お蔵入りの語源・由来

  4. たまごの意味・別名・類語

  5. お盆の意味・類語・言い換え

  6. 陶酔の意味

  7. 白日の意味

  8. リムジンの語源・由来

  9. カタクチイワシの語源・由来

  10. 位階制の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. かいわれ大根と大根の違い

  2. 寝ると眠るの違い

  3. ご来光と初日の出の違い

  4. 留意と注意と用心の違い・使い分け

  5. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  6. 警視庁と警察庁の違い

  7. カレーうどんとカレー南蛮の違い

TOP