みっともないの語源・由来

みっともないは、中世に使われた「見たくもなし」がウ音便化されて「見たうもなし」となり、「見とうもない」「見ともない」と変化した。
近世後期、さらに促音が挿入されて「みっともない」となった。
みっともないの語系には、「みたむない」「みとむない」「みっとむない」などもあった。
本来は、文字通り「見たくない」の意味であったが、「見たくもないほど見苦しい」を意味するようになった。
そこから更に派生し、自らの行いに対しても「見苦しい」「体裁が悪い」の意味で、「みっともない」を使うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ハットトリックの意味・類語・関連語

  2. 江戸前の意味・類語・言い換え

  3. 橋の語源・由来

  4. 準拠の意味・類語・言い換え

  5. 「地獄」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. いぼの語源・由来

  7. ハリケーンの意味・類語・言い換え

  8. 判官贔屓の語源・由来

  9. 米寿の意味・類語・言い換え

  10. オオイヌノフグリの語源・由来

  1. ごちそうさまの語源・由来

  2. ホルモンの種類

  3. レモンバームの意味・別名・類語

  4. セロリの語源・由来

  5. 大八車の意味・類語・言い換え

  6. 「病院」「医院」「クリニック」「診療所」の違い

  7. ピラフの語源・由来

  8. 兎に角の意味・類語・言い換え

  9. カザグルマの語源・由来

  10. スイカの栄養基礎知識

人気記事

  1. 緑茶の栄養基礎知識

  2. 嘘の語源・由来

  3. あなごの語源・由来

  4. サルビアの語源・由来

  5. 驕る(驕り)の語源・由来

  6. 石に針の語源・由来

  7. 博多区の語源・由来

TOP