贔屓の語源・由来

贔屓の「贔」の漢字は、貝(財貨)を三つ合わせて重い荷を背負うことを意味する。
「屓」の漢字は、鼻息を荒くすることを表す。
この二つが合わさった「贔屓」は、鼻息を荒くして力んだり、力を込めるという意味で用いられた。
そこから、贔屓は特定の人を助けるために力を入れたり、目をかける意味に転じた。
中国では、碑文の石の下で支える形に彫られた亀を「贔屓」と呼ぶため、これを贔屓の語源とされることも多い。
この亀は、土台となり力を入れて支える姿から、「贔屓」と呼ばれるようになったもので、特定の人に対してする「贔屓」の語源ではない。
贔屓の読み「ひいき」は、漢字音の「ひき」が長音変化したものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 一枚看板の語源・由来

  2. 北方町の意味・シンボル

  3. あせもの意味・別名・類語

  4. 作製の意味・類語・言い換え

  5. チャルメラの語源・由来

  6. 虎穴に入らずんば虎子を得ずの語源・由来

  7. 世知辛いの意味・類語・言い換え

  8. バターの種類

  9. ビリの意味・類語・言い換え

  10. 「蚊」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. ラクトアイスの語源・由来

  2. モンブラン(山)の意味・別名・類語

  3. 山梨県の意味・シンボル

  4. 皇寿の語源・由来

  5. おいしいの語源・由来

  6. メジロの語源・由来

  7. 加古川市の語源・由来

  8. 豚の語源・由来

  9. うんちくの語源・由来

  10. 伊豆市の意味・シンボル

人気記事

  1. 出たとこ勝負の語源・由来

  2. 「降水量」と「降雨量」の違い

  3. セピアの語源・由来

  4. スイカの栄養基礎知識

  5. 「恐ろしい」「怖い」「おっかない」の違い

  6. 豊平区の語源・由来

  7. 一粒万倍の語源・由来

TOP