とことんの語源・由来

とことんは、日本舞踏で「トコトントコトン」という足拍子の音を意味し、転じて踊りの意味となった語で、近世には民謡などの囃子詞として用いられた。
舞踏での「とことん」は、「床(とこ)」と「トン」という擬音が語源といわれるが、「とことん」でも擬音と考えられる。
現代の「徹底的に」「最後まで」といった意味に転じたのは、明治初年(1868年)の『とことんやれ節』に由来する。
『とことんやれ節』は、官軍東征の時に参謀の品川弥二郎が歌詞を作り、大村益次郎か祇園の芸妓君尾が節をつけた軍歌で、「とことんやれとんやれな」という囃子詞が添えられていた。
この歌は明治時代に大流行したため、「とことん」の語も一般に広まり、軍歌であったことも関係して「徹底的に」や「最後まで」の意味に転じた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ろうそくの語源・由来

  2. 用心棒の語源・由来

  3. 斟酌の語源・由来

  4. 太鼓持ちの語源・由来

  5. オーラの語源・由来

  6. コンテの語源・由来

  7. 雪の語源・由来

  8. 雛人形の語源・由来

  9. イケてるの語源・由来

  10. ぶどうの栄養基礎知識

  1. 指の語源・由来

  2. 一生懸命の意味・類語・言い換え

  3. 税金の語源・由来

  4. 夜更けと未明と夜中と真夜中と深夜と夜半の違い

  5. 書き入れ時の意味・類語・言い換え

  6. 酉(酉年)の語源・由来

  7. セダンの意味・類語・言い換え

  8. 寒心の意味・類語・言い換え

  9. 富有柿の意味・別名・類語

  10. 駆け落ちの語源・由来

人気記事

  1. 燃やすと焼くと焚くの違い

  2. 竹と笹の違い

  3. 爆弾とダイナマイトの違い

  4. カフェと喫茶店の違い・使い分け

  5. 海藻と海草の違い

  6. 徳利とお銚子の違い

  7. 定規とものさしの違い

TOP