あべこべの語源・由来

あべこべは、江戸時代頃から用いられるようになった語。
『和訓栞』では「彼辺此辺(あべこべ)」の意味。
『俗語考』では「彼方此方(あべこべ)」の意味。
『両京俚言考』では「あちらべこちらべ」の略とされ、いずれも「彼(あ)」と「此(こ)」に通じている。
「彼」や「此」は「あれこれ」や「あちこち」など対で用いられ、「あべこべ」も単独では用いられない。

出典:語源由来辞典

TOP