金輪際の語源・由来

金輪際は、仏教用語に由来する。
「金輪」は三輪と呼ばれるもののひとつで、大地の世界を意味し、その下に水輪、風輪と続き、さらに虚空があるとされる。
金輪際は、金輪と水輪の接する部分で、金輪の最も奥底にある場所を意味した。
その意味から、金輪際は「底の底まで」「とことんまで」という意味で用いられるようになった。
江戸時代の滑稽本『東海道中膝栗毛』に「聞きかけた事は金輪際聞いてしまはねば気がすまぬ」とあるように、打ち消しを伴なわない表現がされていた。
現代では、「金輪際◯◯しない」など下に打ち消しの語を伴なって、「決して」「断じて」の意味として用いられるようになっている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 食べるの語源・由来

  2. ごまめの語源・由来

  3. へべれけの語源・由来

  4. 潔いの語源・由来

  5. ブランドの語源・由来

  6. 踏ん張るの語源・由来

  7. 分かると解ると判るの違い・使い分け

  8. 恐ろしいと怖いとおっかないの違い

  9. 香川県の語源・由来

  10. 空と宇宙の境界はどこか

  1. 肥満の意味・類語・言い換え

  2. 時期の意味・類語・言い換え

  3. げんをかつぐの語源・由来

  4. へなちょこの語源・由来

  5. 厚顔無恥の語源・由来

  6. 8月の意味・異名・類語

  7. ついたちの語源・由来

  8. クコの実の栄養基礎知識

  9. 破魔矢の意味・別名・類語

  10. 久御山町の意味・シンボル

人気記事

  1. 髪と髪の毛と頭髪と毛髪の違い

  2. ジーンズの小さいポケットは何のためにあるか

  3. 紹興酒と老酒(ラオチュウ)の違い

  4. ミルクティーとロイヤルミルクティーとチャイの違い

  5. ゴルフクラブとカントリークラブの違い

  6. 死体と遺体の違い・使い分け

  7. 伯父と叔父と小父の違い

TOP