海の語源・由来

海の語源は「大水(うみ・おほみ)」とする説が有力とされる。
「う・おほ」が「大」の意味の転、「み」は「水」の意味である。
「産み」と関連付ける説もあるが、あまり有力とはされていない。

古代には、海の果てを「うなさか」といい、「う」だけで「海」を意味した。
また、現代でいう「海」以外にも、昔は池や湖など広々と水をたたえた所も「海」といった。

出典:語源由来辞典

TOP