挙げ句の果ての語源・由来

「挙げ句(挙句)」とは連歌や連句の最後の七・七の句のことで、最初にくる句は「発句(ほっく)」という。
最後にくる句であることから、最終的な結果や結末を意味し、「◯◯したあげく」の形で用いられるようになった。
最終的な結果であることを強調するために、同じ「結末」を意味する「果て」が添えられ、「とどのつまり」の意味で「挙げ句の果て」と言うようになった。

あげくの漢字は「挙げ句(挙句)」と書くことが多いが、かつては「揚げ句(揚句)」が正しい表記とされ、古い俳諧でも「揚句」が多く見られる。
また、江戸時代には「上げ句」と書いた例もあり、これらどの漢字を使っても間違いとは言い切れない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 方法の意味・類語・言い換え

  2. 豚の意味・別名・類語

  3. 時期の意味・類語・言い換え

  4. 苦いの意味・類語・言い換え

  5. じゃがいもの品種

  6. 大穴の意味・類語・言い換え

  7. 匙を投げるの語源・由来

  8. 道具の意味・類語・言い換え

  9. 馬が合うの意味・類語・言い換え

  10. 唯々諾々の語源・由来

  1. アンブレラの語源・由来

  2. タピオカの語源・由来

  3. 横恋慕の意味・類語・言い換え

  4. 森の意味・類語・言い換え

  5. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  6. オリーブの栄養基礎知識

  7. 山形市の語源・由来

  8. カレイの種類

  9. 野球の語源・由来

  10. はした金の語源・由来

人気記事

  1. トカゲの語源・由来

  2. なまじっかの語源・由来

  3. ギプスの語源・由来

  4. 夜なべの語源・由来

  5. ロケットの語源・由来

  6. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」の違い

  7. ちやほやの語源・由来

TOP