挙げ句の果ての語源・由来

「挙げ句(挙句)」とは連歌や連句の最後の七・七の句のことで、最初にくる句は「発句(ほっく)」という。
最後にくる句であることから、最終的な結果や結末を意味し、「◯◯したあげく」の形で用いられるようになった。
最終的な結果であることを強調するために、同じ「結末」を意味する「果て」が添えられ、「とどのつまり」の意味で「挙げ句の果て」と言うようになった。

あげくの漢字は「挙げ句(挙句)」と書くことが多いが、かつては「揚げ句(揚句)」が正しい表記とされ、古い俳諧でも「揚句」が多く見られる。
また、江戸時代には「上げ句」と書いた例もあり、これらどの漢字を使っても間違いとは言い切れない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 白身魚の意味・類語・言い換え

  2. けったいの語源・由来

  3. 印を据えるの意味・類語・言い換え

  4. すだれの語源・由来

  5. 暴風雨の意味・類語・言い換え

  6. 制作の意味・類語・言い換え

  7. リベラルの意味・類語・言い換え

  8. 伯備の意味

  9. 大切の語源・由来

  10. 年号の意味・類語・言い換え

  1. サインの語源・由来

  2. サラリーの意味・類語・言い換え

  3. あんぽ柿の語源・由来

  4. 大晦日の意味・別名・類語

  5. 忖度と斟酌の違い・使い分け

  6. 故郷の意味・類語・言い換え

  7. とんちんかんの語源・由来

  8. ヒツジの語源・由来

  9. 悲しいの語源・由来

  10. パンプスの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 整理と整頓の違い

  2. しらたきと糸こんにゃくの違い

  3. 関西と近畿と京阪神の違い

  4. スダチとカボスの違い

  5. からしとマスタードの違い

  6. BSとCSの違い

  7. 両国国技館の住所はなぜ「横綱」ではなく「横網」なのか

TOP