ところてんの語源・由来

ところてんの歴史は古く、テングサを煮溶かす製法は、遣唐使が持ち帰ったとされる。
当時は、テングサを「凝海藻(こるもは)」と呼んでおり、ところてんは俗に「こころふと」と呼ばれ、漢字で「心太」が当てられた。
「こころふと」の「こころ」は「凝る」が転じたもので、「ふと」は「太い海藻」の意味と考えられている。
室町時代に入り、「心太」は湯桶読みで「こころてい」と呼ばれるようになった。
更に「こころてん」となり、江戸時代の書物では「ところてん」と記されている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「精進」と「邁進」の違い

  2. チョークの語源・由来

  3. お彼岸の語源・由来

  4. ロマンスの意味・類語・言い換え

  5. 歌手の意味・類語・言い換え

  6. 「学ぶ」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. ビスケットの語源・由来

  8. 間髪を容れずの語源・由来

  9. カワセミの種類

  10. 烏合の衆の語源・由来

  1. 蔬菜の意味・別名・類語

  2. 福寿草の意味・別名・類語

  3. 文月の語源・由来

  4. ワッフルの意味・別名・類語

  5. アヒルの意味・別名・類語

  6. 戸惑いの意味・類語・言い換え

  7. アパートの意味・類語・言い換え

  8. トド(アシカ科)の語源・由来

  9. お菜の意味・類語・言い換え

  10. 四日市市の意味・シンボル

人気記事

  1. 「大学」と「大学校」の違い

  2. 獅子の語源・由来

  3. 朝三暮四の語源・由来

  4. 無鉄砲の語源・由来

  5. 入れ墨(刺青)の語源・由来

  6. 高松市の語源・由来

  7. 煎茶の栄養基礎知識

TOP