ところてんの語源・由来

ところてんの歴史は古く、テングサを煮溶かす製法は、遣唐使が持ち帰ったとされる。
当時は、テングサを「凝海藻(こるもは)」と呼んでおり、ところてんは俗に「こころふと」と呼ばれ、漢字で「心太」が当てられた。
「こころふと」の「こころ」は「凝る」が転じたもので、「ふと」は「太い海藻」の意味と考えられている。
室町時代に入り、「心太」は湯桶読みで「こころてい」と呼ばれるようになった。
更に「こころてん」となり、江戸時代の書物では「ところてん」と記されている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. よろしくの語源・由来

  2. クッキー(Web)の語源・由来

  3. バジルの語源・由来

  4. フクロウの語源・由来

  5. 湯船の意味・類語・言い換え

  6. 墨守の語源・由来

  7. クレープの語源・由来

  8. サナダムシの語源・由来

  9. ヤモリの語源・由来

  10. 団子と餅の違い

  1. 税金の語源・由来

  2. 父の日の意味・類語・関連語

  3. 虫の知らせの意味・類語・言い換え

  4. 読む(詠む)の語源・由来

  5. 洗いの語源・由来

  6. ミルクティーとロイヤルミルクティーとチャイの違い

  7. かかしの語源・由来

  8. 真似の語源・由来

  9. 薩摩守の語源・由来

  10. シシャモの語源・由来

人気記事

  1. 赤鬼と青鬼と黄鬼と緑鬼と黒鬼の違い

  2. 皮と革と皮革の違い

  3. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  4. 大学と大学校の違い

  5. 寝ると眠るの違い

  6. 指示と指図と指導の違い

  7. 主催と協賛と協力と後援の違い・使い分け

TOP