封切りの語源・由来

封切りの「封」は、手紙や小包などを不法に開かれないための印のことだが、江戸時代には、新刊本を袋に入れて白紙などで包むようにしてあり、それを切ることを「封切り」と言った。
明治32年頃、都新聞の記者 吉見蒲州が、新作映画の上映記事で「封切」という言葉を使って以降、新作映画の初上映の意味として「封切り」が用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. フラミンゴの語源・由来

  2. 配布と配付の違い・使い分け

  3. 定価と希望小売価格とオープン価格の違い

  4. ポロシャツの語源・由来

  5. 小松菜の語源・由来

  6. 口説くの語源・由来

  7. 牛の角を蜂が刺すの語源・由来

  8. チンピラの語源・由来

  9. 新聞の語源・由来

  10. 十分と存分の違い・使い分け

  1. 驚くの語源・由来

  2. セイウチの語源・由来

  3. 七草粥の意味・別名・類語

  4. 盆の語源・由来

  5. 子(ね)の意味・類語・言い換え

  6. 年の瀬の意味・類語・言い換え

  7. あんぽ柿の語源・由来

  8. 緑黄色野菜の栄養基礎知識

  9. パフュームの意味・類語・言い換え

  10. シジュウカラの種類

人気記事

  1. 会話と談話と対話の違い

  2. 追求と追及と追究の違い・使い分け

  3. 医薬品と医薬部外品と化粧品の違い

  4. 方言と訛りの違い

  5. 心肺停止と死亡の違い

  6. 在宅ワークと内職の違い

  7. コックとシェフと板前の違い

TOP