灰汁の語源・由来

灰汁の語源には、「飽く(飽きる)」の「アク」、「あくどし(あくどい)」の「アク」がある。
「灰汁が強い文章」といった表現や、容姿や性格が洗練される意味で「灰汁が抜ける」とも使うため、「あくどし」が有力との見方もある。
しかし、このような表現が見られるのは、江戸時代以降である。
灰汁は古くから使われている語で、平安中期の『和妙抄』や、平安末期の『類聚名義抄』にも見られる。
『古今和歌集』では、「アク」が「飽く」の意味で掛詞として使われているため、灰汁の語源は「飽く」とする説が妥当であろう。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ストライキの語源・由来

  2. 女房の意味・類語・言い換え

  3. 旅の語源・由来

  4. なまじっかの語源・由来

  5. 豹変の語源・由来

  6. にんじんの栄養基礎知識

  7. 称賛の意味・類語・言い換え

  8. 尊い(貴い)の語源・由来

  9. インスタントの語源・由来

  10. 大八車の意味・類語・言い換え

  1. 蛇口の語源・由来

  2. 闘志の意味・類語・言い換え

  3. 心肺停止の意味・類語・言い換え

  4. デカフェとはカフェインゼロ?カフェインレスとの違いはある?

  5. 根掘り葉掘りの語源・由来

  6. 秋田市の語源・由来

  7. おかかの意味・類語・言い換え

  8. 乾坤一擲の意味・類語・言い換え

  9. へちまの意味・別名・類語

  10. しめしめの語源・由来

人気記事

  1. 口の語源・由来

  2. 「賞味期限」と「消費期限」の違い

  3. へちまの語源・由来

  4. 唐変木の語源・由来

  5. トリビアの語源・由来

  6. 短兵急の語源・由来

  7. 藤の語源・由来

TOP