他力本願の語源・由来

他力本願は、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人によって広められた仏教語。
「他力」は「自力」の反意語となるが、ここでは「阿弥陀仏の力」を意味する。
「本願」は阿弥陀仏が善悪を問わず、生命のある全ての存在を極楽浄土に往生させようとする誓願のこと。
つまり、本来の「他力本願」の意味は、自分の修行の力ではなく、阿弥陀仏の本願の力によって成仏することである。
しかし、「他力」を「他人の力」と解釈されることが多かったため、他人の力をあてにする意味で「他力本願」が使われることも増え、誤用と言われることも少なくなった。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 浴衣の語源・由来

  2. カッターシャツの語源・由来

  3. ぐっすり眠るの意味・類語・言い換え

  4. 叢雲の意味・類語・言い換え

  5. 尊宅の意味・類語・言い換え

  6. 雑草の意味・類語・言い換え

  7. 準拠の意味・類語・言い換え

  8. 鮭の意味・別名・類語

  9. 虹の語源・由来

  10. 跋扈の語源・由来

  1. ジャパンの意味・類語・言い換え

  2. 開放と解放の違い・使い分け

  3. Tシャツとカットソーの違い

  4. 七五三の語源・由来

  5. デブの意味・類語・言い換え

  6. 旨味とうま味の違い

  7. 越えると超えるの違い・使い分け

  8. 年号の意味・類語・言い換え

  9. あざといの語源・由来

  10. インフルの意味・別名・類語

人気記事

  1. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  2. テロとゲリラとクーデターの違い

  3. お疲れ様とご苦労様の違い・使い分け

  4. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  5. 二期作と二毛作の違い

  6. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

  7. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

TOP