他力本願の語源・由来

他力本願は、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人によって広められた仏教語。
「他力」は「自力」の反意語となるが、ここでは「阿弥陀仏の力」を意味する。
「本願」は阿弥陀仏が善悪を問わず、生命のある全ての存在を極楽浄土に往生させようとする誓願のこと。
つまり、「他力本願」の本来の意味は、自分の修行の力ではなく、阿弥陀仏の本願の力によって成仏することである。
しかし、「他力」を「他人の力」と解釈されることが多かったため、他人の力をあてにする意味で「他力本願」が使われるようになった。
本来、この意味で使うのは誤用だが、仏教語の意味で「他力本願」を使用するよりも、他人の力をあてにする意味で使用する機会の方が圧倒的に多いこともあり、現在では俗な表現、比喩的表現として定着している。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. アレルギーの語源・由来

  2. 亥年の意味・類語・言い換え

  3. 徳島県の語源・由来

  4. モチベーションの意味・類語・言い換え

  5. しどろもどろの意味・類語・言い換え

  6. アヒルの種類

  7. ネコヤナギの意味・別名・類語

  8. 負けず嫌いの意味・類語・言い換え

  9. 寿の語源・由来

  10. 戌年の意味・類語・言い換え

  1. ブロマンスの意味・類語・言い換え

  2. さくらんぼの意味・別名・類語

  3. 「ふらふら」「ぶらぶら」「ぷらぷら」の違い

  4. ぶどうの語源・由来

  5. ユリの意味・別名・類語

  6. 山形県の市町村名一覧

  7. 「ヒラメ」と「カレイ」の違い

  8. カンニングの語源・由来

  9. うたた寝の意味・類語・言い換え

  10. ゴギョウの語源・由来

人気記事

  1. 石に灸の語源・由来

  2. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」の違い

  3. 竜の語源・由来

  4. 「召集」と「招集」の違い

  5. のこぎりの語源・由来

  6. 社会の語源・由来

  7. あぐらの語源・由来

TOP