縁日の語源・由来

縁日は「有縁の日(うえんのひ)」「結縁の日(けちえんのひ)」の略で、元は仏教語。
縁日には毎月一度あるものや、年に一度や数度のものがあり、ほぼ毎日、何らかの縁日にあたるようになっている。
屋台や露店が出ることを「縁日」と勘違いしている人も多いが、参詣人が多く集まるため店が出るのである。

出典:語源由来辞典

TOP