もったいないの語源・由来

もったいないは、和製漢語「勿体(もったい)」を「無し」で否定した語。
勿体の「重々しさ」「威厳さ」などの意味から、もったいないは「妥当でない」「不届きだ」といった意味で用いられていた。
転じて、「自分には不相応である」、「ありがたい」「粗末に扱われて惜しい」など、もったいないの持つ意味は広がっていった。
また、「勿体」は本来「物体」と書き、「もったい」と読むのは呉音。
「物の形」「物のあるべき姿」から派生し、「重要な部分」「本質的なもの」となった。
さらに、重々しい態度などの意味に派生し、意味が離れてきたため「物」が省略され、「勿」という表記で和製漢語の「勿体」が生まれたとされる。
これらの経緯から、「惜しい」といった意味で用いられる「もったいない」は、「本来あるべき物がない」と原義に戻ったようにも思える。
しかし、「もったいないおばけが出るぞ」などと言われるように、「神聖な物」「重要な物」を粗末にする意味が含まれるため、「勿体」の意味が転じたものと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ハロウィンの語源・由来

  2. 絞ると搾るの違い・使い分け

  3. はんこの語源・由来

  4. 除夜の鐘の語源・由来

  5. ネーブルオレンジの語源・由来

  6. 姑息の語源・由来

  7. 胸の語源・由来

  8. あおさの栄養基礎知識

  9. 昆布茶の栄養基礎知識

  10. 女々しいの語源・由来

  1. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  2. 狸寝入りの意味・類語・言い換え

  3. 板につくの語源・由来

  4. 可憐の語源・由来

  5. 横綱の語源・由来

  6. 戸惑いの語源・由来

  7. 七草粥の語源・由来

  8. 月々の意味・類語・言い換え

  9. ポチ袋の意味・類語・言い換え

  10. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

人気記事

  1. 干支と十二支の違い

  2. なぜ「虹」は虫偏なのか

  3. 恋と愛の違い

  4. 材料と原料と原材料と素材と資材の違い

  5. 行政書士と司法書士の違い

  6. HIVとエイズの違い

  7. からしとマスタードの違い

TOP